プロジェクト名 子どもの参画による交流拠点『ワイワイひろば』の開設
団体名 任意団体「NPOこどものまち」
代表者名 中村 桃子
活動地域 千葉県佐倉市
<実施概要>
子どもが主役となって生き生きと主体性を発揮できる体験活動「子どもがつくるまちミニさくら」の活動を軸に、子ども達一人一人が夢や希望をもって、地域社会の中で主体的に生きていくことを応援することを目的に活動している団体。
2005年立ち上げ助成では、商店街での「ミニさくら」を開催すると共に、日常的に子どもたちが地域と関わりがもてる「子どものまちづくり拠点」を商店街の空き店舗を利用し開設した。
2006年展開助成では、子どもたちの日常的な居場所機能を高め、子どもからお年寄りまでが地域に関わり続けることのできる活動基盤へと成長させるため、「子どもたちの遊びの場(地域子ども教室の実施)」、「子どもたちと共に憩う場(まちの縁側サロンの実施)」、「子どもたちによるまちの情報発信の場(子ども情報局の実施)」を展開する。

<推薦理由>
地域社会の再生と子どもたち自身の社会参画力を育む」としたプロジェクトを計画してから1年、「プチさくら」や「まち会議」の開催など地道な日常の活動が、子どもからお年寄りまでが集える交流拠点「まちの縁側サロン」の開設につながり、より確かな動きへと深化していることを評価したい。
1年目の取り組み課題・反省点として上げられた「地域からの理解は深まりつつあるが、会員数の増加に繋がらなかった」原因を十分考えるとともに、参加したくてもできない子どもたちへの配慮もこれからのテーマとしていただきたい。次々と新企画を打ち出していくことも大切だが、これまでの確かな歩みを再度思い起こしつつ、着実に進化していくことを希望したい。商店街振興の側面からも、このプロジェクトへの期待は大きい。 


 

プロジェクト名 埼玉ダルクホーム入所に向けてのインターベンションプログラム
団体名 埼玉ダルク支援センター
代表者名 谷 大二
活動地域 埼玉県
<実施概要>
埼玉県内の薬物依存症にある人たちの民間の回復支援施設「埼玉ダルク」をサポートする機関として、家族会の開催、機関紙の発行、薬物問題に対する研修会の開催などに取り組む団体。
2004年第1段階助成では、薬物依存症者の回復過程で必要なナイトケア(入所宿泊型施設)プログラムを立ち上げるため、検討委員会の設置、先行事例の施設見学、実施場所の選定調査、スタッフ研修、外部講師を招聘した勉強会の実施などに取り組む。
2006年展開助成では、埼玉県川口市で試行的に開始したナイトケアプログラムを継続・発展させると共に、障害者自立支援法の先行きが不透明な中、当面はナイトケアを自主運営で取り組み、司法関係者へのアウトリーチ、回復プログラムに関するパンフレットの作成、関係機関とのネットワークの構築などを展開する。

<推薦理由>
年の第1段階助成で一定の成果をあげたが、デイケアにも増して困難が伴うナイトケアの課題とその対応について十分把握するために、1年の準備期間を置いて今回の展開助成に臨んだ。薬物依存症からの回復のための試行的ナイトケアプログラムを安定的な実施へとつなげるためには、スタッフの確保が最重要課題であるが、その目処が立っていること、また、新たに、薬物事犯を扱う司法関係者へのアウトリーチや拘留中および保護観察下にある当事者へのアプローチに取り組む展開を試みていることも、評価したい。本助成の基本テーマである“生きる場所としてのコミュニティづくり”にふさわしい事業である。 


 

プロジェクト名 食とアートのグローカル発見プロジェクト
団体名 特定非営利活動法人クリエイティブサポーツレッツ
代表者名 久保田 翠
活動地域 静岡県浜松市
<実施概要>
知的に障害のある人が、「自分を表現する力」を身に付け、文化的で豊かな人生を送ることのできる社会的自立と、その一員として参加できる社会の実現を目指して活動に取り組む団体。
2005年立ち上げ助成では、誰もが排除されることなく主体的に生きていけるコミュニティづくりをめざして、浜松市南部にある施設を拠点とし、「食」と「アート」をテーマとしたワークショップに取り組む。
2006年展開助成では、「食」と「アート」をテーマに、ワークショップを中心とした地域とのコミュニケーション事業、シンポジウムやイベントを中心とした市民とのコミュニケーション事業を展開する。

<推薦理由>
「食とアート」を通して、地域の中でマイノリティと位置づけられがちなハンディーを抱える子供たち、障害者、外国人と地域そして市民とのコミュニケーションを図り、「誰もが排除されることなく主体的に生きていける豊かなコミュニティ」を創造することを目的とした活動である。
バリアフリーコンサートの開催、地域の小学校との交流学習会、畑プロジェクトなど、個々には大変魅力的なプロジェクトで成果が期待されるが、コアとなるプロジェクトが分かりにくく、直線的であるという意見も出された。
活動の鍵となる「食とアート」のつながりをより明確にして、地域や他のNPO等との連携を図りながら、多様な文化を内包する社会の実現に向けた活動を展開してほしい。 


 

プロジェクト名 孫の代まで100年計画なは・まちのこしプロジェクト
団体名 特定非営利活動法人まちなか研究所わくわく
代表者名 小阪 亘
活動地域 沖縄県那覇市
<実施概要>
みんなで決めて、みんながつくるを合言葉に、すべての人々が自ら暮らすまちを想い、考え、納得してつくっていけるような市民社会の実現をめざし、参加型話し合いの場の企画運営や、まちづくりに関わるデザイン、調査研究などに取り組む団体。
2005年立ち上げ助成では、那覇市中心市街地に位置する公設市場の跡地整備事業をきっかけに、“なはまち”の将来を考え、みんなでまちを残していけるような方法を模索し、参加型の話し合いの場を仕掛け、「なはまち連絡会」を立ち上げた。
2006年展開助成では、“なはまち”を、孫の代まで残していけるような仕組みをより強固なものとするため、地域情報紙の発行、ウェブサイトの整備、「なはまち連絡会」の事務局機能の強化、公設市場の跡地利用に関する条例改正案の作成、まちの将来を担う、子どもマチグワーインタープリターの養成およびガイド事業などを展開する。

<推薦理由>
々な人の集まる街なかで、既存の組織や地域の資源を組み合わせて、新たな街の元気を創り出すことの価値の大きさを感じる。半面、思考が多様であるだけに、合意形成など実現への困難さが比例するようにも見受けられる。その困難さに立ち向かう若い元気を応援したい。
1年目では、多様な課題解決への知恵・技術・発想法など学びも多かったようで、一歩も二歩もダイナミックに踏み出して欲しいのだが、今回の計画はいささか具体性に欠ける。会議も大切だが、プログラムにもう一捻り欲しい。地域外との関係づくりなどもポイントだろう。中核に地域の人々を組み入れるなど、研究所員だけでない動きが各場面に必要だろう。そういった取り組みが実施体制の層の厚みを増し、より確かな活動へと繋がるのではなかろうか。 


 

プロジェクト名 さいたま市における障害者ハウジングサポート事業
団体名 社団法人やどかりの里
代表者名 土橋 敏孝
活動地域 埼玉県さいたま市
<実施概要>
精神障害者のごく当たり前の生活の実現を目指し、障害当事者、家族、職員、地域住民とが協働しながら、民間による福祉活動を推進し、グループホーム、作業所、授産施設、福祉工場、生活支援センターなどを立ち上げる。
2004年第1段階助成では、さいたま市における精神障害者の社会的入院をつくり出さないための新たな社会資源づくりとして、体験型居住支援モデル事業(チャレンジハウス)を試行した。
2006年展開助成では、さいたま市大宮区における地区社会福祉協議会エリアを中心に、民生委員や不動産関係などの地縁にもとづくネットワーク化を図り、障害のある人の多様な居住支援システムの構築に向けた取り組みを展開する。

<推薦理由>
障害者自立支援法の施行によってさらに困難になったといわれる、精神障害者の社会的入院の解消を目指す取り組みである。一昨年助成の体験型居住支援のモデル事業による成果をふまえた具体的展開に期待したい。自立生活への移行に不可欠な、ライフステージごとの多様なニーズへの個別の対応も、これまでに培ってきた医療・保健・福祉の連携支援のもとで可能になると思われる。今後は不動産会社や近隣市民などとの密度の濃いつきあいが求められ、さらに現在プロジェクトを担っている専門職と新たに関わるボランティアやピアサポーターとの位置づけ、役割の整理なども必要になってくると思われる。これまでの実績を踏まえた地道な取り組みで成果をあげてほしい。 


 

プロジェクト名 神戸長田御蔵復興まちづくりを活かした地域活性化
団体名 阪神・淡路大震災まち支援グループまち・コミュニケーション
代表者名 宮定 章
活動地域 神戸市長田区
<実施概要>
阪神・淡路大震災により、約8割焼失という大きな被害を受けた神戸市長田区御蔵通5丁目を拠点に、地元の町づくり協議会や自治会の支援、共同化住宅再建支援、イベントや勉強会の開催などに取り組んできた団体。
2005年立ち上げ助成では、震災による土地利用変化の面的調査およびGISの構築、住民の生活実態調査、福祉のまちづくり勉強会、不在地主をまちづくりに巻き込む仕組みづくり、学生インターンシッププログラムなどに取り組んだ。
2006年展開助成では、地域福祉住宅「みくらハウス」建設事業のコーディネート、被災地に残る多くの空き地を地域資源として、地域住民のまちづくり意欲を高める仕掛けづくりを展開する。

<推薦理由>
震災から10年が経過し、神戸における課題は「震災復興まちづくり」から「住み続けたいまちづくり」へと日常生活の方向にシフトしている。そのためには、地域で支え合えるシステムを整えることが必要だ。
今回のサポーティブハウジング“みくらハウス” の事業は、立ち上げ助成での様々な試行錯誤を経た夢の実現でもある。前途には並々ならない難関があることも予想されるが、これまで培ったネットワークでこれをのり超えていってほしい。
さらに、被災地にまだまだ残る空き地と住民のまちづくり意欲をつないで地域の活性化に取り組むことにより、コミュニティの将来像を地域住民と共に考える地域密着型の活動へと発展させていくことを期待している。 


 

プロジェクト名 与論島における精神障害者の地域生活支援プロジェクト
団体名 特定非営利活動法人つどいセンター海を支える会
代表者名 高橋 民村
活動地域 鹿児島県与論町
<実施概要>
与論島で暮らす精神に障害のある人たちのふれあいの場、就労支援の場、住まいの場など、生活支援に取り組む団体。
2005年立ち上げ助成では、グループホームの開設に向けた準備会、先進地の視察と研修、地域住民を対象とした精神福祉に関する講演会の開催、入居者の募集・選定、生活支援体制の検討、世話人と入居予定者との交流などに取り組み、開設にこぎつけた。
2006年展開助成では、立ち上げ助成で開設したグループホームを移転し、新たな移転先でグループホームおよび作業所の改築作業に取り組むと共に、入居者の生活支援事業、就労支援事業、地域社会との交流事業などを展開する。

<推薦理由>
島という限られた土地と少ない資源のなかでグループホームを開設し、特産物の栽培も開始することができたことは評価できる。さらに、周辺の島のグループとの情報交換も行われており、今後の展開が期待される。精神障害者へのサポートが不足している地域でのこのような活動こそ応援したいというのが審査委員会の感想である。しかし、プロジェクトの持続性を確保するためには、個人の好意や無償奉仕に頼るのではなく、俗人性を排し、独立して継続できる仕組みが必要。作業所、特産物の栽培についても安定した販路の確立等課題は多い。そのためにも、インターネット、Eメールによる情報収集や発信を進めるなど、ITを活用した活動にも積極的に取り組んでいってほしい。 



   


*Copyright (c) 2003 Civil Society Initiative Fund All rights reserved.