市民ファンド推進プログラム 市民活動助成担当者のための研修事業(第3回)

振り返る助成〜市民活動のための評価とは?〜



1.趣旨・目的

 市民ファンド推進プログラムは、市民ファンド/コミュニティ財団の着実な発展をめざし、その運営基盤の強化を応援するため、「市民活動のための助成プログラムの開発・運営と更新の力をつける」を重点テーマに掲げ、研修事業では、市民ファンド/コミュニティ財団に限らず、市民活動助成に関わるあらゆる組織と人材を対象に、上記の重点テーマに即した研修を行い、相互の学び合いや交流を図り、市民活動助成や市民セクターの発展につなげます。 
 第1回研修事業では「考える助成〜長期的なプログラムの歴史を通して〜」、第2回研修事業では「工夫する助成〜助成プログラムを企画開発し、運営し、更新する力とは?〜」をテーマに、議論を深めてきました。
第3回の今回は、「振り返る助成〜市民活動のための評価とは?〜」をテーマに開催します。助成を受けた団体の自己評価を含む成果報告、助成担当者が行った評価事業報告、そして市民活動助成の評価の実践例をもとにディスカッションを行い、市民活動助成の“評価”の在り方について考えます。
 本研修事業は2020年10月まで、半年に一度の頻度で開催し、全5回の実施を予定しています。市民活動助成に関わる皆様の積極的な参加をお待ちしています。


2.実施概要

日 時:2019年10月16日(水)13:30〜18:30

会 場:SHIBAURA HOUSE 5Fバードルーム
     (東京都港区芝浦 3-15-4) ⇒ 会場地図

対 象:市民活動助成に関わる組織(市民ファンド、コミュニティ財団、助成財団、企業、行政など)の
    担当者または事務局長や理事などの責任者

定 員:50名

参加費:3,000円

主 催:特定非営利活動法人市民社会創造ファンド

企画協力:市民ファンド推進プログラム 研修企画委員会メンバー

助 成:公益財団法人トヨタ財団・イニシアティブプログラム


3.プログラム

13:15〜 受付開始
13:30〜13:45 挨拶・導入
13:45〜15:00 第1部 2018年 助成事業成果報告
 報告者:北海道NPOファンド
     世田谷コミュニティ財団
     ひょうごコミュニティ財団
     アカツキ(AKBNファンド)
 
 ⇒1年間の市民ファンド推進プログラムを受けた4団体による
  成果報告(アウトプット評価)を行います。
14:55〜15:10 休憩
15:10〜15:45 第2部 評価実施報告
 報告者:坂本 憲治(市民社会創造ファンド)
 
⇒助成事業担当者の視点から、助成終了から2年が経過した
 市民ファンド推進プログラム第1期・1年目に助成した
 4団体の評価事業結果(アウトカム評価)の報告を行います。
15:45〜17:00 第3部 ディスカッション
「市民活動のための評価とは?」
  登壇者:奥田 裕之(研修企画委員/モデレーター)
 
⇒多様な助成担当者の立場から、評価の実践例を出し合い、
 市民活動助成における評価の在り方について考えを深めます。
17:00〜17:10 まとめ・閉会挨拶
 山岡 義典(市民社会創造ファンド)
17:30〜18:30 交流会
⇒全国から集まった市民活動助成の担当者との自由な交流の時間です。
※当日、10:30〜12:00に同会場で、市民ファンド推進プログラム(第2期)の助成事業「市民ファンド/コミュニティ財団の『助成する力』を高める」の助成対象となる団体のキックオフミーティング(贈呈式)を開催します。この1日で、これから助成を受ける団体、1年間助成を受けた団体、2年前に助成を終えた団体の事例を聞くことができます。一つの助成プログラムを時間軸でとらえることも評価の一つと考えます。一般の方の参加も可能ですので、ぜひキックオフミーティングからの参加をご検討ください。


4.参加申し込み方法

以下の「参加申し込みフォーム」よりお申込みください。 (申込締切:10月11日(金) )
⇒ 参加申し込みフォーム

―交通費の支援―
市民ファンド/コミュニティ財団のスタッフや関係者等で遠方(東京から100kmを超える地域)から参加される方については、都市間の往復旅費から1万円を引いた額の交通費を助成する制度があります。ご希望の方は、下記の市民社会創造ファンド(担当:山田)まで直接お問い合わせください。



5.お問い合わせ先

特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド (担当:山田・坂本) 
〒107-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MI ビル1F
TEL:03-5623-5055  FAX:03-5623-5057
E-mail: eyamada@civilfund.org

研修企画委員会メンバー
石原 真理子(特定非営利活動法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド)
大野 覚(認定特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ/いばらき未来基金 事務局長)
奥田 裕之(認定特定非営利活動法人 まちぽっと 事務局長)*座長
熊谷 有祐(社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部 副部長)
坂本 憲治(特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド シニア・プログラムオフィサー)
佐藤 新哉(東京ボランティア・市民活動センター 主任)
熕」 美由紀(中央労働金庫 総合企画部(CSR) 調査役)
田口 由紀絵(公益財団法人 パブリックリソース財団 事務局長)
三本 裕子(認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター)
公益財団法人トヨタ財団、特定非営利活動法人市民社会創造ファンド






*Copyright (c) 2003 Civil Society Initiative Fund All rights reserved.